2020年2月29日いかなご漁解禁!小売価格はkg4000円超スタート

イカナゴ解禁情報

2020年(令和2年)の大阪湾及び、播磨灘のいかなご漁解禁日は2月29日に決定しました。
この記事ではいかなご新子漁の解禁日〜終漁日までを追いかけていくつもりです。

まずは今年の漁獲量予測と値段について調べてみました。

2019年のいかなご新子漁獲量予報

兵庫県農林水産技術総合センターが2月17日にまとめた報告書によると、12月4日〜1月6日にかけて産卵親魚の数を調査した結果採取数は平年を下回っている。
今年は過去10年間の平均採取数の約1/25しか産卵親魚が採取できなかった。この数値は不漁だった昨年と同等の数値だそう。

鹿ノ瀬に産卵に来た親魚を文鎮こぎと呼ばれる漁具を使って採取して密度や産卵状況を調査するんや!

調査でいかなごの親魚がたくさん取れれば、産卵数が多くなると予想出来る。たくさん産卵してくれれば新子の漁獲量も期待出来る。

逆に調査で取れる親魚が少なければ、産卵総数も少ないと推測出来る。
そうなればいかなご新子の漁獲量は少ないと予報する。他にも、稚魚を採取したり、水温や気象条件などを総合的に判断して最終的ないかなごの漁獲量が予報されている。

鹿の背

鹿ノ瀬は最も浅い場所で水深2m、深い場所は70mもある瀬になっている。
魚の宝庫と呼ばれ、いかなごも生息・産卵しているエリアである。

1才魚 2才魚以上
今年 94%(5匹) 6%(0.3匹)
去年 21%(1匹) 79%(3匹)
過去10年の平均値 88%(118匹) 12%(16匹)

今年の調査で採取された親魚の数は去年よりも少し多かったが、年齢組成が心配である。
昨年は2才魚(生まれてから2年以上経っているいかなご)の割合が多かったのに対して、今年の調査で採取されたのはほとんどが1才魚だった。

1才の魚よりも2才の魚の方が産卵数も多いので、1才魚ばかりの今年は産卵数が少なくなる見込みなんや。

水産技術センターが公表した産卵量指数によると、昨年の産卵量の3分の一だとされている。
ちなにみに、過去10年間の平均値と比較すると産卵量は29分の一という絶望的な少なさである。

シンコ予報:昨年よりも不漁となるでしょう。

※播磨灘では昨年より少なく、大阪湾と紀伊水道では昨年並。

2019年のいかなご新子の解禁日の予想価格は4000円/kg

魚の棚の魚屋さん松庄のイカナゴを求める行列

魚の棚の魚屋さん松庄のいかなごを求める行列

価格
2019年 解禁初日 3500円〜4000円/kg
2018年 解禁初日 2400円〜2500円/kg

表の価格は明石魚の棚で販売されたいかなご解禁日の価格です。
昨年よりも少ないという予報通りになれば、解禁初日の価格は今年もkg4000円以上は確実でしょう。

また、昨年はいかなご不漁と資源確保の為、大阪湾は3月5日に解禁され3月8日に終漁となりました。
魚の棚の魚屋「松庄」さんによると、今年も同じようになったり、さらに短縮される事もありえるようです。

またいかなごが解禁されると写真のように毎年行列が出来ますが、漁が行われると最終網が揚る10時過ぎまでは入荷するかどうか分からないとの事です。
入荷状況が分かり次第伝えてもらえるようですが、行列に並んでも結局入荷しない可能性もありえるほど厳しい状況だそうです。

値段が落ち着くのを待っているとすぐ終漁が決まりさらに高騰する事も考えられるのでいつ購入するべきかは判断が難しいですね。
行列並ぶと新型コロナウイルスの感染も心配なので今年は大人しく家にいた方がいいかもしれません。

今年はシラスが混じったものが多いそうです。漁獲量が期待できないだけでなくさらに悪条件が重なりますね。

【2月27日23時追記】

イカナゴ漁解禁初日は出漁せず、荒天以外では初 播磨灘西部(神戸新聞NEXT)

播磨灘西部の西播船曳網漁業同業会はいかなご漁解禁日に出漁しないと決定したようです。
魚群探知機でシンコの魚影がほとんど確認出来ない事が理由で、荒天以外の理由で解禁日に出漁しない事は初めてだそう。

東播磨と淡路島と大阪湾では、現時点では予定通りに解禁日に出漁されます。
この決定により明石市でのいかなご漁への影響はありませんが、漁獲量は厳しくなりそうな予感がします。

暖冬の影響でいかなごがすでに大きいそう。釘煮のためには解禁すぐに購入せねばと気持ちが焦りますね。

加古川漁協の予想価格は1万円で3キロ買えないとの事。
つまりキロ3500円以上は確定か?明石でも同様に価格が高騰する事が予想されています。

ついに本日29日シンコ漁解禁!

【2月29日10時追記】

イカナゴの解禁を楽しみにしていましたが、明石林崎漁港での漁は不漁のため中止が決まったようです。
魚の棚の松庄さんでは、本日の入荷は厳しい状況との事なので、行列に並んでも買えないか、庶民に買える値段ではない可能性が高そうです。

2020年イカナゴの小売価格を調査しました

イカナゴを炊く

明石周辺における小売店のイカナゴの価格を表にまとめました。
各方面の小売価格が分かり次第追記してきます。

イカナゴ売ってるの見た&買えたって方がおられましたら、お店と値段をコメント欄かTwitterで共有していただけると助かります。
報告頂きましたら記事にも随時追記させて頂きます。

【解禁初日】2月29日「3,980円+税」 が最多

お店 価格/kg
ナナ・ファーム須磨 3,000円+税
ラムー加古川店 3,980円+税
垂水センター街鮮魚店 3,000円
コープ北口食彩館(西宮) 3,980円+税
鯛将神戸西店 3,980円+税
イオン垂水店 4,980円+税
そごう西神戸 4,980円+税
魚の棚(お店による) 4,000円〜5,000円
あべのハルカス 鮮魚店マルカワ 5,980円

ツイッターで調査した所、入荷があった小売店での販売価格は税込4,298円が多数派だったようです。
事前情報通り、シラスが混じったイカナゴが多かったようで、シラス混じりの質が悪いものは2,980円(税抜き)で売られているのも見かけました。

3,980円(税抜)で購入出来た方はいい買い物が出来たんじゃないでしょうか。
百貨店内の鮮魚店だと5千円〜6千円つけているお店もあったようです。

明石市にある林崎漁港では11隻がシンコ漁に出たそうですが、採れたイカナゴはゼロでした。そのため明石周辺ではイカナゴの入荷がなかった鮮魚店やスーパーが多かったようです。列に並んでも買えなかった方もおられますので、今日は購入出来ただけでも幸運だったという状況です。

なお、明日3月1日(日曜日)はイカナゴ禁漁となっています。買えなかった方は月曜日が豊漁になる事を期待しましょう。

【解禁2日目】3月2日のイカナゴ価格調査結果

お店 価格/kg
垂水センター街鮮魚店 4,000円(前日比1,000円UP⤴︎)
万代 垂水多聞店 3,580円+税
ダイエー東芦屋店 4,980円+税
コープ北口食彩館(西宮) 3,980円+税(前日比0円→)
イオン垂水 3,980円+税(前日比1,000円DOWN⤵︎)

ツイッターにて価格調査を行った所、解禁2日目も不漁が続いており継続してキロ3,980円前後で値段で取引されています。
解禁2日目となりますが、平年よりもシンコのサイズが大きく終漁間近のサイズになっているとの声も多くみられました。
釘煮を炊く予定なら急いだ方が良さそうです。

【解禁3日目】3月3日のイカナゴ価格調査結果

大阪湾のイカナゴ漁は本日休漁でした。本日3日に神戸市、淡路島、大阪府の漁業者が神戸市内で会合を開き同日3月3日で今季のイカナゴ漁を終漁する事を決定したようです。
播磨灘では漁は続きますので、大阪湾の終漁によりただちにイカナゴ新子が手に入らなくなるという事ではありません。

 

お店 価格/kg
マックスバリュー 星陵台 4,580円+税
トーホーストア 4,980円+税
ライフ下山手 4,580円+税
イオン神戸南 4,980円+税
ラムー大蔵海岸 3,570円+税
魚の棚 松庄 4,500円〜5,000円

本日3日のイカナゴは税込3,855円〜5,378円でした。
小売店により1500円以上の価格差がみられましたが、3月2日と変わらず高値が継続しています。
新子のサイズが平年よりもかなり大きくてシラス混じりの網が多いにも関わらず、価格が高いので今年のイカナゴ釘煮は諦めたとの声が増えてきました。

【解禁4日目】3月4日のイカナゴ価格調査結果

お店 価格/kg
ライフ神戸駅前 4,580円+税
魚の棚 松庄 4,000円〜5,000円(前日比0円→)
イオン神戸南 3,980円+税(前日比1,000円DOWN⤵︎)
イオン明石 3,980円+税
ハローズ西二見 2,980円+税

「魚の棚 松庄」では雨によりお客さんが少なく最終便の価格は1kg2800円まで値下げしたとツイートされていました。
朝便の価格は4,000円〜5,000円と前日と同等の価格でした。
値段は初日から落ちていませんが、サイズが大きかったり、ちりめん混じりのイカナゴは売れ行きが悪いのかスーパーでは夕方に最大半額の割引シールが張られているものが増えています。
魚の棚では雨の日も安くなる可能性があるようなのでまだ漁が続くようなら狙い目かもしれません。明日3月5日はイカナゴ漁はおやすみです。
[adinserter block=”3″]

【解禁5日目】3月6日のイカナゴ価格調査結果

お店 価格/kg
イオン明石 3,980円+税
魚の棚 5000円前後

本日を持ってイカナゴ漁は終漁となりました。
過去1番と言われるほどの不漁でイカナゴが取れず解禁初日〜終漁まで実質5日のみでした。
価格は各小売店によって違いましたが、税込4000円以上で推移していました。

最後に

この記事でもイカナゴを解禁前から終了日まで追いかけてきましたが、たくさんの方に読んで頂く事が出来ました。
それだけイカナゴの需要が高いにも関わらず、漁獲量が減っているので価格が高騰する事もうなづける状態でした。

不漁の原因として海が綺麗になりすぎたとも言われているようですが、間違いなくとりすぎも原因の1つです。

イカナゴのシンコが1匹5gだとしたら、1kg買うと200匹です。
イカナゴって人に配る為に沢山炊く習慣があるんで、一人で10kg購入すると2000匹です。

シンコ漁は生まれたばかりの子イカナゴを採る漁ですから、それだけ大量のイカナゴを育つ前に採っていれば年々減ってくるのは自然の摂理だと思っています。

そろそろ数年間の禁漁を考えるべきなのかもしれません。
オリンピックのように4年に1回解禁してみんなで大盛り上がりするのはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 明石市認可保育園まとめ

    2020-8-21

    明石市私立認可保育園の一覧と園の特徴や口コミまとめ

    明石市にある私立認可保育園の情報をまとめました。 当記事では保護者さんや保育士さんからの園の口…

ピックアップ記事

  1. 明石の治安を調査
    明石市で生活していて治安の悪さを感じた事はないのですが、客観的に見て近隣の市町村より治安が良いのか悪…
  2. 明石市林崎漁港で原付バイクと海を撮影
    明石市で原付バイクを購入したくてネット検索してみたのですが情報が少なく苦労しました。 ネットに…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る