林崎漁港

林崎漁港

詳細情報

所在地兵庫県明石市林3丁目19
営業時間24時間
利用料金無料
駐車場無料
トイレ有り
最寄りの釣具屋桜井釣エサセンター
落下防止柵無し
テトラエリア有り
混雑度あまり混雑しない

林崎漁港の釣れるポイントと釣り方

林崎漁港水深MAP

林崎漁港は漁港内と堤防からの外側どちらからあも釣りをする事が出来ます。
近隣で1番浅いポイントとなっており、150mキャストしても水深はわずか4〜5mです。
それ以上キャストで届いたとしても逆に4m-3mと水深が浅くなる遠浅の地形になっています。

水深が浅いためか東隣の新波止と比べて魚影が薄くあまり釣れない事が多いです。
釣れる魚種は港内でアジ、タコ、メバル 、ガシラ、アナゴ等が狙えます。沖向きではチヌのフカセ釣りや、カレイの投げ釣りで人気のポイントです。
シーズンになるとエギングでアオリイカやケンサキイカも釣れます。青物も釣れますが、ベイトになるカタクチイワシが接岸していないと全く釣れません。
ベイトが接岸している時は青物爆釣する事もあります。

青物狙いのポイント

  • 林崎漁港青物ポイント1

ベイトがいない時は青物の回遊はほとんど見られません。

目視でカタクチイワシが泳いでいるのが見られる時は期待出来ます。潮目や、ベイトが多いエリアがあればその辺りを狙うのがセオリーですが、何もない場合は画像でピンクに示した先端の灯台周辺か、堤防が折れ曲がっている所周辺で釣れる事が多いです。

10月頃になるとイワシの他、サヨリも接岸している事があり、そのタイミングではトップでも釣れる事があります。

大潮の激流時でなければ30g〜40gのジグでボトムが取れます。本格的なショアジギングではなく、ライトショアジギングを楽しむなら林崎がおすすめです。

このポイントでは10月に青物狙いでミノーを巻いていた時に、ヒラメも釣れた実績があるので専門に狙っても面白いかもしれません。

 

エギングで実績のあるポイント(アオリイカ)

  • 林崎漁港(アオリイカが釣れる場所)

アオリイカ狙いでエギングするなら灯台がある先端が実績ポイントです。

沖向きにキャストしても釣れますし、灯台の周辺から内向きにキャストしても良く釣れます。

水深が4mしかないので餌木の着底が分かりやすいです。周辺のポイントが激流で釣りにならない時にも釣れる可能性が高いです。

初心者のエギング練習にも良いポイントだと思います。

 

チヌ釣りのポイント

  • チヌのフカセ釣りポイント現場写真(林崎漁港)

チヌのフカセ釣りでは灯台の手前から「くの字」に曲がっているエリア周辺が実績が高いです。

初春のノッコミ時期になるとピンクで塗ったエリアでたくさんの方が竿を出されています。テトラからならどこでも釣れますが手前の堤防に登れる階段近くは汚水が排出されているので釣ったチヌを食べるなら避けた方が良いです。

汚水エリア周辺は大量のボラが泡を食べて泳いでいるので近くで釣りをすると外道でボラが掛かってしまいます。

ちなみに、地元のおっちゃんが汚水に群れているボラを釣っていたので食べれるのか聞いてみるとタコ釣りのエサにすると言われていました。

 

アナゴが釣れるポイント

  • アナゴ釣りポイントの写真(林崎漁港)

アナゴは時間によって釣れる場所が変わります。

夕方の日没ギリギリのタイミングなら灯台周辺から狙うのが実績が高いです。

完全に日が暮れたら港内でも釣れ始めるようになるので釣りをする時間によってポイントを選びましょう。足下でもちょい投げでもどちらでも釣れています。足下を狙うとガシラも混ざって釣れる事が多いです。

 

アジが釣れるポイント

  • サビキ釣りのポイント写真(林崎漁港)

アジのサビキ釣りは、ピンクで塗り潰した周辺の足下で釣れます。

一概には言えませんが、春〜夏は林崎漁業組合前のポイントで釣れて、秋は防波堤側で釣れます。

春〜夏の西向きの風が強い日は、漁業組合前の西側の角近くにアジが溜まっている事が多いです。マイワシは林崎漁港ではほとんど釣れません。

 

タコが釣れるポイント

  • タコ釣り実績ポイント(林崎漁港)

林崎漁港でタコが良く釣れるのは林崎漁業組合の生簀がある手前の護岸です。

漁師が死んだ魚や内臓などを海に捨てるので、タコが近くに寄ってきており足下〜5m先迄で釣れる事が多いです。

遠投してもあまり釣れないので手前中心に探ってみてください。防波堤側ではあまり釣れた事がありません。

写真のピンクで塗った場所ならどこでも釣れていますが、濃いピンクの部分周辺は生簀から排水された水が流れているのでタコが集まっており釣れる事が多い場所です。

 

林崎漁港で釣れにくい魚種

  • ハマチサイズ以上の青物(ブリ・メジロ・サゴシ・サワラ)等
  • 大サバ
  • タチウオ
  • ヒイカ
  • マダイ

林崎漁港ではこれらの魚種はほとんど釣れません。大型青物狙いの場合は明石新波止が1番可能性が高いです。
大サバは釣り方によって釣りやすいポイントが違っており、ウキ釣りの場合は大蔵海岸、テンヤやルアーで狙う場合は明石新波止か、明石市役所裏ベランダのテトラ側がおすすめです。太刀魚も同様です。

ヒイカも林崎で泳いでいるのを見た事がありません。二見周辺で良く釣れています。
マダイは明石新波止で稀に釣れていますがショアから狙って釣るのは難しいです。

林崎漁港の駐車場

林崎漁港は普段は漁港内の邪魔にならない場所に車を無料で停められます。
しかし、隣に林崎海水浴場があるため海水浴場の営業が始まると漁港が有料駐車場として使われて1日一律1000円の駐車料金がかかります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 明石市認可保育園まとめ

    2020-8-21

    明石市私立認可保育園の一覧と園の特徴や口コミまとめ

    明石市にある私立認可保育園の情報をまとめました。 当記事では保護者さんや保育士さんからの園の口…

ピックアップ記事

  1. 明石の治安を調査
    明石市で生活していて治安の悪さを感じた事はないのですが、客観的に見て近隣の市町村より治安が良いのか悪…
  2. 明石市林崎漁港で原付バイクと海を撮影
    明石市で原付バイクを購入したくてネット検索してみたのですが情報が少なく苦労しました。 ネットに…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る